2018年06月04日

ビーグレンの大人ニキビケア



ビーグレンには皆さんのお肌の状態や抱えている悩みに応じて「ニキビケア」「毛穴ケア」「しわ対策・アンチエイジング」「シミ対策・美白」「小顔・たるみ対策」のコースがありますが、ここではニキビケアについて述べたいと思います。

最近悩まされている人が非常に多いのが大人ニキビ。思春期のニキビと違い、ストレスや乾燥、生活習慣など原因は様々で、何度も何度も繰り返すのが特長です。

最近はプロアクティブやオルビスなどたくさんの大人ニキビケア商品がありますが、ビーグレンのニキビケアの考え方は他とは少し異なっています。

その違いについて、ビーグレンが推奨する3ステップに従って説明していこうと思います。

red.gif【b.glen】ニキビケア・お試しセット

〜 STEP1 洗顔 〜 クレンジングクリーム

sen.jpgニキビケアの基本は洗顔です。生まれてくる新しい細胞のために、メイク汚れや古い角質、酸化してしまった皮脂をとりのぞくことは非常に大切なことです。しかし、肌を健康な状態を保つために必要な正常な皮脂まで落としてしまっていないでしょうか?

他のニキビケア商品では皮脂を落とすために洗浄力の強い界面活性剤が配合されています。確かに界面活性剤は洗浄力が強いので、皮脂をよく落とすのですが、必要な皮脂まで落としてしまうため、過剰なお肌の乾燥を引き起こします。プロアクティブなどを使ったことのある方は肌の強い乾燥を感じた方も多いのではないでしょうか。

ビーグレンの推奨する洗顔はクレイ洗顔。天然のミネラルを豊富に含んだ非常に粒子のこまかいクレイがビーグレン特有の浸透テクノロジーと相まって、毛穴の奥まで入り込みニキビの原因となる肌の汚れや皮脂をやさしく取り除きます。洗い上がりはしっとりしていて、他の化粧品で感じるあのつっぱり感がありません。

〜 STEP2 保湿 〜 モイスチュアライジングローション

hositu.jpgニキビ改善の鉄則は、自然に中身が出るまで決していじったり潰したりしないことです。潰してしまうと、 お肌が炎症をおこしてニキビを悪化させてしまうと同時に、ニキビ跡や色素沈着の原因になってしまいます。

ニキビを悪化させないためには、ニキビを乾かさないようにうるおいをたっぷり与えること、そして、炎症の原因になる油分の強いファンデーションやクリームの使用を控え、 刺激の少ないスキンケアを選ぶことが重要です。

ビーグレンの保湿化粧水モイスチュアライジングローションはオウゴンエキスやカミツレエキスなどの 6種類の天然由来の植物成分が配合されており、お肌にうるおいを与え、肌の炎症を抑えます。

また、天然クレイの極薄皮膜がニキビで傷ついたお肌の表面をおおい、外部の刺激や乾燥から肌を守ることで、ニキビの悪化を防ぎます

〜 STEP3 修復 〜 C serum (ビタミンC美容液)

cs.jpgニキビが少なくなっても、お肌にニキビ跡や色素沈着が残っていては治ったとは言えません。 美白効果のある代表的な成分として知られている「ビタミンC」には、ニキビの予防効果以外にも、その優れた美白効果でニキビ跡の黒ずみを改善、 コラーゲン生成を促進させ、痛んだ肌を内側から修復する効果があります。

つまり、ビタミンCにはニキビの予防と修復の両方の効果が期待できるニキビケアには欠かすことのできない成分なのです。 しかし、ビタミンC美容液なら何でも良いという訳ではありません。油溶性のビタミンC誘導体は かえってニキビを悪化させてしまう可能性があるのです

ビーグレンのビタミンC美容液「C Serum」は、普通の化粧品では浸透しないビタミンCを、世界特許の浸透テクノロジーを使って毛穴の奥までしっかり浸透させ、過剰な皮脂の分泌を抑えると同時にニキビ菌の増殖を抑えます

高濃度のビタミンCを真皮層まで送り届けることで、お肌に活力を与えながら、メラニンの生成を抑制してシミやくすみを改善し、明るい透明感のあるお肌を作ります。

nikibi


posted by 夏月 at 15:02| b.glen(ビバリーグレン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。